火曜日, 10月 24th, 2017

ジェネリック医薬品は、新薬(正規医薬品)と同じ有効成分を同量使って製造されており、他に用法・容量や効能・効果も同じにしなければなりません。
変えてもいい点は、薬の形状・味・色・添加物だけですから、バイアグラのジェネリック医薬品は、それぞれ有効成分は同じでも、メーカーによって薬の形状・味・色などが異なります。まず、その形状を確認してください。

バイアグラに偽物が多いことは周知のことですが、バイアグラのジェネリックも、偽造品や模倣品が出回っています。
錠剤のサイズが小さかったり、彫られている文字が異なっている場合は、明らかに偽物とわかります。
また、ビニール袋に内包されている場合も、偽物でしょう。本来は、PTP(press through pack)で包装されているものです。
PTPとは薬を包装する方法で、錠剤やカプセルをプラスチックとアルミで挟んだシート状のものになります。プラスチック部分を強く押す事でアルミが破け、中の薬が1錠ずつ取り出す事により保存にも効果があります。
また、肉眼ではわかりずらいですが、薬の表面が荒く、非コーティングなため荒い状態で、本尊にも影響が出そうなものもあります。
ただ、カマグラゴールドなど、ジェネリック医薬品には、本物と偽物の区別がつかないほど精巧に作られたコピー品も流通しているため、信頼できるサイトやショップで購入しなければなりません。
私はそのお店の口コミなんかも参考にしています。

PCの画面で画像を見ても偽物か否かを判断することは大変困難です。画像は本物だとしても、偽物を送ってくるかもしれません。
そうなると飲んでみるまでわからないという事になり、飲んでみて偽物とわかったとしても、偽物を飲んだことも嫌ですし、いざという時に飲んだのに効果を発揮しないという事は大変残念な結果になってしまいます。
そこで、信頼できるサイトかどうか見極めるのが大きなポイントとなります。数あるインターネット通販会社や、個人輸入の輸入代行業者の中から、信用あるショップかどうか見極めるポイントとして、

①会社の実績と信頼性、
②クレジット決済可能、
③商品やショップに対する口コミ体験、

の3点が考えられます。
会社については、問合せがしっかりしているかどうか、またその対応から判断することができるでしょう。
また、カード決済が可能で、日本語対応が可能な場合も、比較的信用できるショップと言えます。
偽物を売っているお店はクレジットカード会社から契約を打ち切られたり、元々契約できないと思います。
しかし、問い合わせ先がない場合や、個人輸入なのに国内からの配送になっている、もしくは会社情報が不明なショップは要注意です。そういうお店は注文しないほうが良いと思います。
万が一、服用しても、効果があらわれなかったり、体調不良になった場合は、すぐに服用を止めるようにしてください。薬は効果があって初めて薬です。違和感を感じた場合は、すぐにやめた方が良いと思います。
自己責任と言われますが、高い買い物になってしまいます。
私が色々調べてこのようなサイトを作り、皆さんに見てもらっているのは、出来るだけ変な事にならないようにするためです。

私が購入しているサイトは「お薬ラボ」というサイトです。
ジェネリックバイアグラのカマグラゴールドは一錠337円~購入できます。
※2017年10月23日現在
カマグラゴールドの購入ページはこちら
【最安値】カマグラゴールド通販|バイアグラ|337円~|お薬ラボ

ジェネリックバイアグラの正規品